背泳ぎ練習法・速さのコツ【入水は小指から?手の甲から?】

背泳ぎの入水は小指から?それとも手の甲から?背泳ぎの入水は、小指から入るのが一般的です。その理由は、無駄な動作が生じにくいためです。

手の甲から入水してしまうと、そこから水をキャッチするために、手を外側に向けなければなりません。背泳ぎで速くなりたいのであれば、そのようなムダな動きは致命的なものになります。

また見栄えもあまり良くありません。人によっては、手の甲で水をたたいてしまうため、独特の水音がしてしまいます。

ムダな動きがなくなれば、すーっとキレイな動きになりますし、疲れにくくなり、速度も増します

 


スポーツクラブのレッスンや部活の指導内容では上達を感じられないあなたへ。あなたもオリンピック背泳ぎ代表選手が、長年コーチや先輩から受けた指導内容、そして選手実績、さらに一般スイマーとのFace-to-faceでの指導の場で得た経験が反映されている練習メニューを試してみませんか?当サイトで紹介している背泳ぎの練習メニューは、北京オリンピックの背泳ぎ日本代表選手が作ったものです。「ちょっと私にはレベルが高いかも…」と不安になる必要はありません。なぜなら大人になって背泳ぎをスタートしたようなマスターズ選手でも、この練習方法にトライして、美しく正しいフォームを身につけているのです。水に対する感性を磨き、タイムを伸ばすトレーニング方法なので、驚くような短期間で速く、そして楽に泳げるようになれます。今までの練習方法では、なかなかタイムが縮まないとお悩みの方に自信を持っておすすめします。

RETURN TOP