背泳ぎのスタートで遅れてしまう~なぜタイムロスが出るのか?

背泳ぎのスタートが苦手でいつも遅れてしまう選手のためのとっておきの練習法とは?水中への身体の入れ方の良し悪しが、背泳ぎのスタートでのダッシュに大きな差を生みます。

お尻だけが入水したうえでの蹴り出しではなく、身体全体の入水の仕方を学んでもらいます。

僅かなタイムロスももったいないので、きちんと反復練習してください。


背泳ぎのスタートが遅れてしまうのを改善したいあなたへ。背泳ぎのスタートでのダッシュは、タイムロスを生みやすく、速い人と遅い人とでは大きな差がついてしまうポイントです。このダッシュを速くするためのコツが、身体全体を使った水中への入れ方です。この入水方法を知るだけで、普段のスタート練習がまるで違う結果を生むことになります。逆にこのコツを知らないと、がむしゃらに練習を繰り返すだけの体力と根性が重視されるトレーニングになりかねません。それで結果が出れば良いかもしれませんが、現実にはなかなか速くはなれません。実際のスタートを見て、指導すべきだという意見もありますが、速くなるためのコツというのは、必ずしもスイミングコーチが知っているとは限りません。結局は、やってみなければわからない練習を繰り返して途方に暮れることになっていないでしょうか。

ここで紹介している練習方法は、元オリンピックの背泳ぎ日本代表選手が、長年受けてきた指導内容や、選手としての実績や経験、そして一般的なスイマーとの直接指導を反映させてできたものです。そこには、背泳ぎを短期間で速くするためのコツや練習方法がわかりやすくまとめられています。なかなか言葉ではわかりにくい水中での動きも、映像で学ぶので、スローや停止するなどして見ることができるので、イメージしやすくわかりやすく作られています。万が一、この練習方法を試してみて、短期間で自己ベストも切れないようなことがないよう、保証までつけられています。この映像を見て学び、イメージをつけ、反復練習することで、水の抵抗を少なくした美しいフォームと自己ベストを記録することができるようになります。まずは、その練習方法の詳細をご覧ください。そして、オリンピック代表選手のスタート練習がどのようなものかを確認してみてください。

RETURN TOP