背泳ぎで進まない、遅い理由【腕の動きや回し方より大事なこと】

ストロークはパワフルなのに、推進力が弱い選手が見落としているポイントとは?浮力を十分生かした姿勢に問題があると思います。

酸素の貯め込み方と同時に、せっかくの浮力をスピードアップに生かすための、あるコツがあります。

意外とわかっていない選手の指導をしてきました。このDVDを見てしっかり理解して実践してください。

 


なぜ力強く腕を回しても、背泳ぎではなかなか速くなっていかないのでしょう。確かにキックとのコンビネーションも大切です。しかし、まずは、浮力を活かし、泳ぐ最中の姿勢を強く意識するのが早道です。なぜなら、浮力を十分に生かしたフォームが身についていないと、がむしゃらに腕を回したり、キックするのは疲れるだけで、さほど進まないからです。筋力や体力をアップさせれば良いと考えるかもしれませんが、まずは水の抵抗をできるだけなくすフォームがなければ、無駄な努力になりかねません。

だからこそ、正しいフォームを作るためのコツを知ることがなにより重要です。背泳ぎを速くするためには、最重要なことですが、意外にもわかっていない選手は多いのが現実です。DVDなら映像を見ながら、背泳ぎを速くできるコツが収録されていますので、まずはそれを見て、真似をするところから始めてみてください。

RETURN TOP