背泳ぎでの足の甲【キックで進まない・遅いとお困りのあなたへ】

背泳ぎのキックを上達させる3つのポイントとは?背泳ぎのキックで進まない、キックが遅いとお困りではありませんか?何か練習のコツを探しているのなら、以下の3つのポイントが役に立つかもしれません。

一つ目は、プールサイドでのキック練習です。これは基本になりますが、背泳ぎを速くするにはコツを覚えると同時に基本をしっかりと身につけるのが重要です。プールサイドでのキック練習は、膝を曲げずにキックします。自然と骨盤周りから太ももにかけての力で動かすことになりますが、それでOKです。

2つめのコツは、水中で行います。意識するのは、足の甲です。キックを速くするためには、何よりもこの足の甲で水をとらえるというイメージを強く持つことが大切です。

最後の3つめは、キックするときに、足の甲でサッカーボールを蹴るようにイメージします。蹴ろうとする際は、膝は曲げますが、インパクトの瞬間は膝は伸ばします。イメージ練習と実際のキック練習を同時に繰り返してみてください。

 


背泳ぎのスピードをできるだけ短期間で速くしたいあなたへ。競泳選手やマスターズ選手を短期間で速くすることができた練習メニューがあるのをご存知でしたか?この練習メニューは、北京オリンピック背泳ぎの日本代表だった選手により、その選手経験やコーチ経験から作成されたものです。実際の効果は、データや実績が残っており、背泳ぎを速くするコツを知りたかったあなたに最適です。オリンピック代表選手の作った練習メニューなんて、自分にできるかどうか不安という方でも心配ありません。なぜなら大人になってから背泳ぎの練習を始めたというようなマスターズ選手でも、この練習方法に取り組んでいるのです。もちろんスピードアップ効果はデータにしっかりと残っているので安心です。もし、今までの練習内容では、なかなかタイムが縮まらないのであれば、この水への感性を高める練習方法で、背泳ぎのコツを身につけ、短期間での自己ベスト更新を狙ってみてください。

RETURN TOP