キャッチのコツを知りたいあなたへ~背泳ぎを速くする肘の使い方

タイムが伸びない背泳ぎ選手に共通の、水のキャッチ時の悪癖とは?肘をある位置で保ちながら、しっかりキャッチできない選手をよく見ます。

キャッチした時の肘の使い方が、次の段階のプッシュでの力の加え方に影響が出ます。ゆっくり練習する方法で映像で解説しましょう。

 


キャッチのコツを知りたいあなたへ。どうしたら速く背泳ぎができるようになるかお悩みではありませんか?背泳ぎの速度がなかなか伸びない選手には、共通する悪いクセがあります。それが、キャッチの際の肘の使い方です。よく言われていることの中に、速くなるためにはコツはなく、一番大事なのは、練習を積み重ねることだという意見や指導方法があります。確かに練習を積み重ねるのは大事ですが、速くなるためのコツというのはあります。このコツを知って練習するのと、知らないでがむしゃらに努力するのとでは、タイムはもちろん、見た目の美しさにも大きな違いが生まれてきます。それは、知っているか知らないかだけの差なのです。その証拠に、キャッチのコツをつかむだけでも、タイムを伸ばす競泳選手やマスターズ選手は数多くいるのです。

速さを実現する理由は、それだけではありません。この練習方法が、オリンピック背泳ぎの代表選手の経験や指導により作られてものだからです。しかも、映像で作られているので、書籍などの文字や写真と違い、その動きやコツがわかりやすく、実際に練習しやすのが特徴です。背泳ぎは、ただひたすらに時間をかけて練習すれば速くなれるわけではありません。速くなるために、どんな方法を知っているかで決まってくるのです。まずは、その具体的な練習内容やコツの詳細を見ていただき、ここで申し上げていることが間違いでないことを確かめてみてください。

RETURN TOP