【背泳のキックのコツ】自己ベスト更新を保証する練習法とは?

トップスイマーのような、内側後方への効果的キックを身に付けるには?スクリューキックのポイントを理解していないと、ただ真上に蹴るだけのキックになり効果的な推進力を出せません。

選手によっては外側に脚が向いてしまう悪い例も見受けられます。回転を入れながら足の親指への注意点を見ていただきます。

体幹の使い方にも効果的なスクリューキックのコツを身に付けてください。

 


背泳ぎのキックが苦手であまり速度がつかないとお悩みではありませんか?背泳ぎを速くするにはコツがあり、キックもやはり練習する前に知っておきたいコツというのが存在します。このコツを知っているのと知らないとでは、タイムがなかなか縮まりません。逆にコツを知っているだけで、練習がラクになるばかりでなく、見た目の美しさも優雅なフォームになってくるものです。なぜなら、実際にこの練習のコツを知った競泳選手やマスターズ選手が、自己ベストを短期間で更新したりしているのです。それも当然といえば、当然の結果なのです。

その理由は、この練習法がオリンピックの背泳選手により作られたものだからです。背泳ぎは、才能や練習量よりも、いかに速く泳ぐコツを知っているか、知らないかの差が大きいのです。だからこそ、そのコツを深く知り、実践を続け結果を出したオリンピック選手の練習メニューが効果的なのです。そのコツを知るのはとても簡単です。言葉ではなかなか理解しづらい水中での動き方を映像で説明しています。映像なので、一時的にストップしたり、ゆっくり再生することで、わかりにくい動きもイメージしやすくなるのです。短時間で速くなりたい方、そして美しく優雅なフォームを身につけたい方、元オリンピック選手のコーチを受けてみたい方は、今すぐこの映像の詳細をチェックしてみて下さい。驚くことに、この練習方法には、やってみても自己ベストが出ない場合の保証までついているのですから。

RETURN TOP