背泳ぎのペース配分【激しい体力消耗を防ぎたいあなたへ】

姿勢がぶれ、体力の消耗が人一倍激しい誤った背泳ぎを矯正するには?実は、背泳ぎではペース配分よりも、姿勢がぶれることで水の抵抗が大きくなり体力を大きく消耗します。つまりペース配分よりもぶれない姿勢をつくることが重要です。

そして、正しいエントリーの位置をしっかりと習得することが、ぶれない姿勢を作るには不可欠です。

速く進もうという意識が強い選手ほど、ある入水ポイントにこだわり、姿勢は崩れ、しかも疲れやすい泳ぎのフォームになっています。

体力の消耗を最小限にすることが好タイムを出し続けるポイントですので、しっかり練習してください。

 


背泳ぎで疲れやすい、体力消耗が激しいと感じる場合、どうしたら良いのでしょう。確かに不必要な力が入っているのかもしれません。また練習不足で体力がついていないという意見もあるかもしれません。しかし、背泳ぎの速度をアップさせたいなら、ぶれない姿勢をつくることの方が重要です。そしてそのことが結果的にムダな消耗を防ぐことにつながります。

なぜなら、ぶれない姿勢を作ることで、水の抵抗が減り、スピードが増すからです。姿勢がぶれる原因のひとつに入水ポイントがあります。そこで、正しいエントリーの位置を確実に覚えることで、ぶれない姿勢を作ることが可能になります。疲れにくい背泳ぎとは、ぶれないフォームがあって可能となるのです。だからこそ、まずは自分に合ったフォームを見つけ、そのフォームでしっかりと練習してみましょう。

RETURN TOP