背泳ぎのキック練習【膝を意識した姿勢のコツとは?】

なぜキックで進まない?膝を意識した姿勢のコツ背泳ぎで、一生懸命キックを打っても、なかなか進まないと感じたとき、どのようなキック練習をすべきでしょうか?

それには、まず水中でのキックを打つときの姿勢が重要です。特に膝がボコボコと出てしまうような方は、膝の曲がりに練習のコツがあるのです。

姿勢は、まず第一に胸を張ること。水面で背泳ぎの状態で保ったまま、水面から膝や脚が出ないようにキックすることをイメージします。

キックの動作に入るときは、当然ですが膝は曲がっています。しかし、曲げるというよりは、下げるイメージで、そこから水面近くになると膝が伸びきっているような感じで、足の甲で水をとらえます。

 


背泳ぎのキックが遅いとお悩みのあなたへ。競泳選手やマスターズ選手の中には、突然のように速くなり、自己ベストを切るような人がいます。それは偶然ではなく、背泳ぎを速くするコツのようなものを会得したからに違いありません。当サイトで紹介している背泳ぎの練習メニューは、効果が見えやすい練習方法です。その理由は、速く泳ぎための技術的なテクニックやコツを映像でわかりやすく公開しているからです。もし、あなたが近いうちに背泳ぎの自己ベストを縮めたいのであれば、競泳選手やマスターズ選手に効果的だったという実績やデータのあるこの練習法にトライしてみることをおすすめします。

RETURN TOP