背泳ぎのキックが遅いとお悩みのあなたへ【膝下が盲点】

トップスイマーが勧める、強力かつ無駄のない背泳ぎのキックの習得法とは?背泳ぎのキックで、股関節から動かすように指導された選手が陥りやすい、ある盲点があります。

膝から下の動きを意識することに加え、背泳ぎのキックの重要ポイントをお見せしましょう。


背泳ぎのキック練習のコツを知りたいあなたへ。キックの練習方法には、様々な意見や指導内容があります。ありきたりで、なかなか速くなれない練習方法に共通するのが、ひたすら地道に練習を積み重ねるというものです。確かに、反復練習は必要です。しかし、背泳ぎを速くするためにはコツがあります。キック練習も、コツを知っているのと知らないのとでは、大きな差になってきます。このコツを知らなければ、どんなに頑張って練習しても、なかなか速くはなれません。その結果、「根性が足りない」とでも言われかねません。コツさえ知っていれば、練習の積み重ねもラクになりますし、短期間で自己ベストを出すことも難しいことではなくなるのです。

そんな速くなるためのキック練習のコツを、オリンピック背泳ぎの代表選手が教えてくれる映像があります。子供の頃から学んだ指導内容をふまえ、実践してきた経験や実績、そして、コーチとしても指導してきた経験や結果が反映された背泳ぎの自己ベストを出すための練習方法です。言葉ではなかなかわかりにくいカラダの動きも、一時停止したり、スロー再生することで、わかりやすく習得することができます。背泳ぎのキックが遅くて悩んでいる人、後半でのキックがキツイ人、トップスイマーの高度なテクニックを覚えたい人に向けて作れらています。競泳選手はもちろん、背泳ぎを覚えたばかりのマスターズ選手にも効果的です。まずは、その具体的な練習内容を確認してみて下さい。そして、速くなるためのコツを使って、練習してみましょう。速くラクに泳げる感覚が短期間でつかめるはずです。

RETURN TOP