肩の関節が硬いあなたへ~背泳ぎを速くする入水とストローク練習

肩の関節が固い背泳ぎ選手でも早く泳げるようになる、腕の効果的な訓練法無理に入水ポイントを内側にしようとする選手がいますが、上半身、肩甲骨や肩に力が入り、スピードアップには逆効果です。

無理のない範囲でのストロークの練習方法をDVDを通して学んでいただきましょう。

 


背泳ぎで速くなりたいのに、肩周りの柔軟性がないとお悩みではありませんか。確かに背泳ぎで速くなるためには、ストロークが重要です。そのために肩周りが柔らかい方が有利という意見もあります。しかし、身体の柔軟性には、個体差があります。やみくもに柔らかい方が良いとは限らないのです。個体差を考慮せず、無理な動きをつけようとしても、その分、余計な力が入るので、速くなるどころか、それが原因でスランプに陥ってしまうことになりかねません。しかし、肩周りが硬い人であっても、背泳ぎを速くするコツがあります。それが入水ポイントなのです。そのコツとは、それぞれの柔軟性に合わせた、無理のない範囲で行うストローク練習の内容にあるのです。

この練習方法は、元オリンピック選手が、積み重ねてきた指導内容や実績から生み出されたものです。多くの競泳選手やマスターズ選手を指導してきた上で、短期間で速くなれる内容です。具体的な練習方法は、映像になっています。本やスイミングスクールのコーチの説明では、なかなかわかりにくい、習得しづらいコツが、見るだけでわかるように編集されています。だから、覚えやすく、イメージしやすいので、マスターしやすいのです。ストロークは、背泳ぎの重要なポイントです。顔がぶれることなく、安定したストロークを身につけて、試合の後半でもしっかりローリングできるようになりたいあなたに最適な練習内容となっています。今ならオリンピック背泳日本代表選手の直接サポートもあるので、今すぐ詳細を確認してみて下さい。

RETURN TOP