バサロキックの練習方法とコツ【ドルフィンキックのポイント】

バサロキックを正しく行うための2つの基本とは?バサロキックが難しい…」と途方に暮れていませんか?バサロキックを正しく行うには、2つの基本をまずクリアーしていることが前提条件です。

1つには、鼻に水が入らないように、上唇で鼻をふさぐこと。2つめが、キックの波を受けて浮かないように、適度な深度をキープすることです。

この2つをクリアーしているのなら、次に必要なのがドルフィンキックの練習です。最初は、うつ伏せ、つまりバタフライと同じようにドルフィンキックを練習しましょう。

ここで重要なのがリズムと進む方向です。リズミカルにキックを打つことができ、水平に進めるのならOKです。後は、仰向けになってやってみるだけです。

バサロキックは、ドルフィンキックをひっくり返したものなので、ドルフィンキックができなければ、バサロキックもできません。そうは言っても、なかなかうまくいかない場合は、フィンをつけて練習してみるのも有効です。その際もリズムや進む方向に意識をおいて練習してみましょう。

 


背泳ぎのスピードが大幅にアップした選手が続々と誕生している練習法を知りたいあなたへ。当サイトで紹介している背泳ぎの練習方法は、効果が見えやすいので、短期間で自己ベストを切ることができる内容となっています。自己ベストを切るためには、ひたすら練習するだけでは、なかなか難しいものがあります。なぜなら背泳ぎには速くなるためのコツというものがあるからです。コツを知って練習するのと、知らずに頑張るだけでは、大きな差になるのが現実です。その証拠に、この練習方法では、実際に競泳選手やマスターズ選手たちのスピードアップを実現したデータや実績があります。あなたが、本気で背泳ぎの自己ベスト更新を目指すのなら、一度はこの練習方法を試してみてください。

RETURN TOP