バサロで苦しくないのに浮いてきてしまう理由とは?

なぜ?バサロで浮いてきてしまうのか?バサロで鼻に水が入らないし、苦しくもないけど、浮いてきてしまうとお悩みではありませんか?その原因は、大きく分けて2つあります。

一つは、手の角度にあることが多いものです。手の角度で進む方向が変わってしまうので、浮きやすい方は注意するポイントです。

二つ目は、バサロキックを行うときの水中での深さです。深さが足りないと、キックによって生じた波の影響を受けてしまいがちです。波の影響をできるだけ避けるには、ある程度の深さをキープして、バサロキックを行えば、浮いてきにくくなります。

水深1メートルほどが良いといわれていますが、プールの状態や個人の体格差などもありますので、適度な深さを探してみてください。尚、適度な深さがあれば、浮上する際も勢いがつくので、そのままスピードアップに直結してくるので、練習してみてください。

 


90日以内に背泳ぎで自己ベストを更新したいあなたへ。当サイトで紹介している練習方法は、DVDで公開しているので、見れば具体的な内容がわかるでしょう。しかし、個人の筋力や体力といった個体差があっても、同じ練習メニューで良いものでしょうか?人によっては、特有のクセなどもあるでしょう。その人に合った練習法というのは大事なのではないでしょうか。そのような個人差による問題を解決するために、この練習法には、個別のサポートが付けられています。通常の個別指導は、それなりの料金がかかるものですが、このDVDなら180日間に限り完全無料でサポートを受けることができます。あれこれと様々なサポートや指導を受けるより、きっと良い結果をもたらすでしょう。背泳ぎで自己ベストを更新したいあなたに絶対おすすめです。

RETURN TOP