キックが弱くてタイムが伸びない~背泳ぎが遅くなる悪い癖とは?

長時間訓練してもキックの力が強化できず、タイムが上がらない選手の共通点とは?まずは、膝先が水面から出ていませんか?特に多い悪癖を解消するには、膝から下部分の使い方を矯正する必要があります。

ビート版を使って「長座姿勢」でトレーニングする方法をDVDに収めました。股関節について重要なポイントもありますので、解り易く説明しました。

 


一生懸命に練習しているのに、なかなかキックが強くならず、速度がつかないという選手には、共通する悪い癖があるのをご存じですか?それが膝から下部分の使い方にあります。そのコツを知らなかったばかりに、がむしゃらに泳ぐ練習ばかりで結果が出ず、途方に暮れる選手は多いものです。速くなるためのコツというのは、練習しているうちにわかってくるようなものではありません。あらかじめ、そういうコツを知った上で練習するからこそ、短期間でも速くなれるのです。

そんなキックを強くするコツは、元オリンピック選手により、映像化されています。これを見るだけで、速くなるためのコツがわかります。実際に、競泳選手やマスターズ選手で、結果や実績がデータとなっている練習方法です。だからこそ、キックの力を強化して、タイムを伸ばすことはもちろん、短期間で自己ベストを更新したい人、キレイで優雅な泳ぎを目指している人、スポーツクラブのレッスンでは上達を感じられない人におすすめです。この背泳ぎのスピードが大幅にアップした選手が続々と誕生している練習方法を知りたいなら、今すぐ詳細をご覧になってみてください。具体的にどうすれば良いかが、よく理解できる練習メニューであることをお約束します。

RETURN TOP