自己破産とは、今ある借金の返済が免除される法的措置のこと。自己破産の制度は、経済破綻してしまった人に再出発のチャンスを与えようという救済制度です。決して、自己破産者という烙印を押す制度ではありません。ですから、自己破産宣告や自己破産免責を受けたからといって、社会生活に支障をきたすことはほとんどないといえますが、ブラックリストには名前が載ります。

ブラックの情報は民間の信用情報機関に決められた年数(だいたい7年)登録され、その間は新規の借り入れや、クレジットカードを作ることや、ローンを組むことなどが不可能となります。二度と借金でトラブルを起こさないためにも、一定期間は借り入れできないほうがいいのかもしれません。また、自己破産をした際、保証人がついている場合は、債権者からその保証人へ請求がいくことになります。

自己破産することを躊躇する一番の理由がこれだといわれていますが、借金問題は隠し事と決断が長期になればなるほど、その傷口は大きくなり、最悪の場合、保証人まで道連れに自己破産をする事態を招きかねません。ですから、保証人に迷惑をかけたくないという気持ちはあるでしょうが、躊躇してはなりません。

保証人がついている債務は高額債務なはず。自己破産をした後々に結局のところまた返済がきつくなることもあり得ますが、自己破産をするとその後10年間は、裁判所は自己破産を認めてくれません。こうした状況で悩んでいる人は専門家(弁護士など)に相談したり、借金など経済苦悩者の自殺防止を目的としたボランティア団体「自己破産ボランティア」に相談してみるのもいいかもしれません。



注目の記事
Copyright (C) -2008 askertekの森. All Rights Reserved.