大型ドラッグストアなどで、歯磨き粉のそばに、いろんな種類のマウスウォッシュ(洗口液)がずらりと並んでいるのを、見たことはありませんか?マウスウォッシュは、ただすすぐだけの手軽な口臭対策として、私たちの暮らしにすっかり定着したようです。口臭の多くは、歯にこびり付いた歯垢(プラーク)や、雑菌、食べかすなどが臭っていると考えられています。

毎食後、マジメにブラッシング(歯磨き)しているのに、まだ口臭が気になる人は、マウスウォッシュを使ってみてはいかがでしょうか?ブラッシングだけでは落としきれない歯垢や汚れも、マウスウォッシュを併用すれば、取り除ける可能性が大きいです。

マウスウォッシュは、主に、ブラッシング後の仕上げとして使われたり、さっぱりしたいけどブラッシングをする余裕がない時などの便利グッズとして使われたりするケースが多いようです。他にも、液を口に含んだままブラッシングするタイプや、ブラッシング前にその液で口をすすいでおくことで歯垢や雑菌を歯から取れやすくし、ブラッシングの効果を高めるタイプなどがあります。

エチケットとして、口臭に気を配る人が増えているためでしょうか、実に多くのマウスウォッシュが市販されていますが、それぞれ、含まれている成分によって、風味はもちろん、効果も違ってきます。口臭の原因が、歯周病による場合や、どうせ口臭対策でマウスウォッシュするなら、虫歯や歯周病予防も兼ねている方がいいと考えるなら、薬用のものを選ぶといいでしょう。

成分や効果についての説明をよく読み比べて、自分に合うものを見つけることが大切です。マウスウォッシュもなく、ブラッシングをする余裕もなく、食後などで口の中に不快感が残っている時や、臭いが気になる時は、せめてお水でうがいをしましょう。



注目の記事
  • ショパン・イヤーに新リサイタルシリーズ ピアニストの高橋多佳子
     1990年のショパン国際ピアノコンクールに入賞して本格デビューし、ショパンの主要作品を年代別に取り上げるCDとリサイタルのシリーズ「ショパンの旅路」を展開して高い評価を受けた高橋多佳子が、生誕200年を迎えているショパンを中心にした新リサイタル・シ...
Copyright (C) -2008 askertekの森. All Rights Reserved.