バサロキックが苦しい【鼻に水・鼻クリップと基本姿勢】

バサロキックのコツとは?バサロキックをやると、苦しくなってしまい、すぐに浮き上がってしまいませんか?バサロキックには、コツがあります。

まず鼻に水が入らないようにするには、上のくちびるで鼻をふさぎます。こうすると息が長続きするので、すぐに苦しくなることはなくなります。うまくいかない方は、シンクロナイズドスイミングで使っているような鼻クリップがあります。

ただし、鼻クリップは鼻から息が吐けないので、できれば使わない方が良いでしょう。鼻からも息を吐けた方が呼吸が楽だからです。

鼻の問題をクリアーしたら、次はバサロキックの基本姿勢を正しましょう。しっかりと体を伸ばし、両腕に頭をのせるような感じで、胸をそらせます。これがバサロキックの基本姿勢です。

そしてコツとしては、力を入れすぎないことです。余計な力が入っていると、どうしても苦しくなってしまうのです。

 


「美しい泳ぎですね」と声を掛けられるようなフォームを身につけたいあなたへ。当サイトでは、あなたに合った理想的なフォームを身につけることができる練習方法を紹介しています。背泳ぎのコツは、まず自分に合った正しいフォームを身につけることが何よりも重要です。そんな無理のない自然なフォームなら長い距離を楽に泳ぐことができます。同時に、足が沈む、鼻に水が入って苦しいといった背泳ぎの様々な悩みも解消していくことがほとんどです。フォームを正しいものにした後に、スピードアップの練習に取り組むことで、より短期間で自己ベストを更新するなど速くなれるのです。具体的な練習方法は、映像で解説していますので、わかりやすく身につけることができます。まずはその練習内容をぜひご覧になってみてください。

RETURN TOP