【背泳ぎのスタート練習のコツ】合図での飛び出しが苦手な選手へ

スタートの合図での飛び出しが苦手な選手の改善法とは?スタートの合図での、瞬発力は繰り返しによってどんどん上達します。

そのためには、身体の運動の順番をしっかり区分しながら意識してトレーニングしましょう。

頭、手 胸・体幹そして足の蹴り出しというイメージを作る方法を紹介します。きれいなアーチでスタートできる練習の仕方を説明します。


背泳ぎのスタートが苦手な場合、改善するための練習のコツというのはあるのでしょうか。確かにネットで探せば、姿勢やポジションの取り方、構え方、ストリームラインの作り方などが詳しく解説されています。しかし、まずはイメージを作るのが重要です。なぜなら背泳ぎの速い人と遅い人との違いは、速くなるためのコツをしっかりとイメージし、そのイメージどおりに反復練習を重ねているからです。いくら詳しい解説があったとしても、文章ではなかなかイメージできないものです。

当サイトで紹介している動画は、焦点をあてトレーニングするだけで背泳ぎの才能は、あっという間に向上し、スピードが向上する内容となっています。これは、背泳ぎのオリンピック日本代表選手であったことと、それを生かしたコーチ経験から培ってきたトレーニング法であり、背泳ぎのスピードアップに成功したトレーニング法なのです。だからこそ速くなれると断言もできるし、そのための保証も付けられているのです。まずは具体的な練習方法を実際に目で視て、確かなイメージを作ることから始めてみてください。きっと短期間で自己ベストを切ることも夢ではなくなるでしょう。

RETURN TOP