カテゴリー:背泳ぎで速くなるための練習方法

  1. バサロキックの練習方法とコツ

    「バサロキックが難しい...」と途方に暮れていませんか?バサロキックを正しく行うには、2つの基本をまずクリアーしていることが前提条件です。 1つには、鼻に水が入らないように、上唇で鼻をふさぐこと。2つめが、キックの波を受けて浮かないよ…

  2. バサロで浮いてきてしまう

    バサロで鼻に水が入らないし、苦しくもないけど、浮いてきてしまうとお悩みではありませんか?その原因は、大きく分けて2つあります。 一つは、手の角度にあることが多いものです。手の角度で進む方向が変わってしまうので、浮きやすい方は注意するポ…

  3. 背泳ぎのキック練習

    背泳ぎで、一生懸命キックを打っても、なかなか進まないと感じたとき、どのようなキック練習をすべきでしょうか? それには、まず水中でのキックを打つときの姿勢が重要です。特に膝がボコボコと出てしまうような方は、膝の曲がりに練習のコツがあるの…

  4. キックが弱い

    まずは、膝先が水面から出ていませんか?特に多い悪癖を解消するには、膝から下部分の使い方を矯正する必要があります。 ビート版を使って「長座姿勢」でトレーニングする方法をDVDに収めました。股関節について重要なポイントもありますので、解り…

  5. 肩の関節が硬い

    無理に入水ポイントを内側にしようとする選手がいますが、上半身、肩甲骨や肩に力が入り、スピードアップには逆効果です。 無理のない範囲でのストロークの練習方法をDVDを通して学んでいただきましょう。 …

  6. 背泳ぎのキックが遅い

    背泳ぎのキックで、股関節から動かすように指導された選手が陥りやすい、ある盲点があります。 膝から下の動きを意識することに加え、背泳ぎのキックの重要ポイントをお見せしましょう。 背泳ぎのキック練習のコツを知…

  7. 肩から肩甲骨の筋トレ法のコツ

    肩関節、肩甲骨の訓練は背泳ぎだけでなく他の泳法にも避けては通れないものです。 ストレッチ、マッサージなどのケアをしながら、辛くても行わなければならないスカーリングでの練習法を紹介します。 背泳のタイムを速くするた…

  8. 体力の消耗が激しい

    実は、背泳ぎではペース配分よりも、姿勢がぶれることで水の抵抗が大きくなり体力を大きく消耗します。つまりペース配分よりもぶれない姿勢をつくることが重要です。 そして、正しいエントリーの位置をしっかりと習得することが、ぶれない姿勢を作るに…

  9. 陸上トレーニング

    最もお勧めしたい陸上でのトレーニングは、背泳ぎのスタートに役立つトレーニングです。 頭、手、胸、体幹そして足の蹴り出しというイメージを得ることと、実際の筋力アップのためにメディシングボールなどを用いた練習をおすすめしています。 …

  10. プルブイを上手く使った練習方法を映像でいくつか紹介しています。 プルブイを使った練習は大半の方が行っていますが、間違った用い方をしている人が多いと思います。キックをせずに、足をフリーにすべき練習にもかかわらずキックをするのはNGです。…

RETURN TOP