カテゴリー:身体に合った背泳ぎの理想的フォーム

  1. バサロキックが苦しい

    バサロキックをやると、苦しくなってしまい、すぐに浮き上がってしまいませんか?バサロキックには、コツがあります。 まず鼻に水が入らないようにするには、上のくちびるで鼻をふさぎます。こうすると息が長続きするので、すぐに苦しくなることはなく…

  2. 左右バランス

    背泳ぎをすると、左右どちらかのバランスが不安定になり、速度が伸びないとお悩みではありませんか? 背泳ぎには、速く泳ぐコツがあるのです。そのコツを知らないまま、がむしゃらに練習したり、腕の振りを意識したり、水をしっかりかこうとしても、労…

  3. 背泳ぎのスタート練習のコツ

    スタートの合図での、瞬発力は繰り返しによってどんどん上達します。 そのためには、身体の運動の順番をしっかり区分しながら意識してトレーニングしましょう。 頭、手 胸・体幹そして足の蹴り出しというイメージを作る方法を紹介します。きれ…

  4. 背泳で沈む・浮身が苦手

    「いかに酸素をため込むか?」が浮身の姿勢を取るには必要なことです。 しかし、ある程度背泳ぎが出来る人でも十分マスターしているとは言えない人を多く見てきました。 呼吸のコツ、取り入れ方、ため込み方を基礎から解説しましょう。 …

  5. クイックターン後の方向

    ターン時の「目線」の位置は重要です。小さな回転で回り、進行方向に目線を向けて飛び出す練習方法があります。 飛び出し後にバサロキックを行う選手であればなおさら練習に時間をかけましょう。 背泳での…

  6. 曲がる原因はストローク?

    まっすぐ後方への推進力を伝えることが必要になりますが、ストロークではなくキックに改善のポイントがあります。 似た悩みを相談してくる選手には、キックのやり方に大きな問題点があります。内側をイメージしたキックが重要ですがそのコツをお話しし…

  7. 理想のストリームライン

    姿勢が重要であることは言うまでもありませんが、その姿勢を理想的に保ち、スピードアップだけでなく形のいい背泳ぎのストリームラインを作る為のコツ、それはあごの位置と目線とおき方です。 そのコツを知らない選手の泳ぎは少々ぎこちなくなる傾向が…

RETURN TOP